針脱毛は毛が無くなるまでどのくらいの期間が必要?

針脱毛は毛が無くなるまでどのくらいの期間が必要?

針脱毛はニードル脱毛ともいわれる脱毛方法ですが、現在の主流となっている光脱毛の前に行われていた施術です。
現在では圧倒的に光脱毛の施術が増えていますので、施術してもらえるサロンやクリニックは少なくなってきました。

 

針脱毛は細い針を毛の流れに沿って毛穴に挿入して通電することで施術します。
これにより、発毛組織を電気の熱で凝固させて処理します。
現在の光脱毛が主流となる前は、エステサロン、脱毛サロン、医療機関すべてでニードル脱毛が行われていました。

 

針脱毛のメリットは1つ1つの毛穴に対して、1本ずつ針を挿入して確実に脱毛処理を行いますので、
一度処理した毛根から毛が再生することが極めて少ないということです。
つまり、針脱毛が永久脱毛の効果が高いことを表しています。
毛穴1つ1つに処理を行いますので、間引き脱毛など部分的な脱毛も可能なんです。

 

ただ、針脱毛は毛穴の1つ1つに処理を行いますので、非常に時間がかかります。
現在主流となっている光脱毛やレーザー脱毛では、光やレーザーを照射するだけで
一瞬にして脱毛処理を行いますが、針脱毛ではそれが1つずつの毛穴に対して行うことになり、
大変な労力と時間を要します。

 

また、針脱毛はかなりの痛みを伴いますので、
一度に施術するのは10分程度、長くても20分〜30分程度でしょう。
その時間で処理ができるだけの範囲が一度の施術で行われる範囲です。
この範囲は施術者の技術によっても変わってきます。
針脱毛はエステティシャンの技術によっても、時間や効果が大きく違ってきます。

 

針脱毛で完全に脱毛してしまうには、毛周期にあわせて処理したい範囲をすべて行うことで完了します。
脱毛する部位によっても異なりますが、範囲の小さい部位であれば半年から1年程度で完了するでしょう。

 

針脱毛は激しい痛みを伴うことから、下手な技術者が施術することで内出血や肌の炎症、
赤みなどのトラブルを起こす恐れも大きい脱毛方法です。
肌のトラブルのために、次回の施術が遅くなったりすることもあるかもしれません。

 

針脱毛を選択する方は十分注意してくださいね。